永久脱毛でキレイな肌へ!

繰り返し生えてくるムダ毛や頻度の多い自己処理にウンザリしていませんか?
キレイな肌になれると評判の永久脱毛についてご紹介します。

永久脱毛でキレイな肌へ!

美を追求する女性に向けてさまざまな自己処理のグッズも販売されていますが、自己処理をしてもすぐに生えてくるムダ毛にウンザリしていませんか?
ムダ毛の対処のために、実は今、レーザー脱毛による永久脱毛が注目を浴びています。
永久脱毛はただ毛が生えてこなくなるだけではなく、肌がキレイになるという効果にも注目されています。当ページでは、永久脱毛についての知識をご紹介します。

永久脱毛について

永久脱毛という言葉から、「一生毛が生えてこない」という状態を連想する方も多いかもしれません。
しかし実は脱毛に関する「永久」という部分に関して実証するためにはまだ期間が足りていないため、現在の永久脱毛は一般的に「脱毛終了後1ヵ月の時点で毛の再生率が20%以下の場合」を永久脱毛として定められています。
厳密な期間などはクリニックによって差が生じるため、永久脱毛を受ける前のカウンセリングなどでそのクリニックが提示する「永久」の部分を確認しておく必要があります。

永久脱毛について

永久脱毛の仕組み

自己処理とレーザー脱毛の違いは「永久脱毛が出来るか否か?」という点です。
カミソリや脱毛ワックス、脱毛クリームなどによる自己処理の場合は表面に生えている毛を剃る、もしくは抜くということになります。
毛は毛のモトである「毛乳頭」という部分を残してしまうと再び生えてくるため、自己処理はその時の気休めとも言えるでしょう。
反対に、レーザー脱毛では表面の毛ではなく「毛乳頭」をレーザーによって破壊するため、毛が再生しなくなり生えてこなくなるということになります。

永久脱毛の仕組み

永久脱毛は医療行為

実はあまり知られていないかも知れませんが、「脱毛」という行為自体、本来であれば医療行為にあたるのです。
では、エステサロンで行われている脱毛は?と疑問に思われる方も居るかもしれませんが、エステサロンの脱毛はレーザー脱毛よりも弱い「光脱毛」という方法で永久脱毛の効果はなく、「半永久的」や「毛が生えてくる頻度を遅くする」という表現しかできないのです。
つまり、永久脱毛を受けたいのであれば美容皮膚科などの医療機関に行くべきということになります。

永久脱毛は医療行為

なぜ綺麗な肌になるのか

綺麗な肌でいるために自己処理を行います。
しかし、それは肌を傷つけ、肌トラブルを引き起こします。
肌トラブルは、黒ずみや毛穴の目立ち、傷痕などを残し、とてもきれいな肌とは言えなくなります。
普段何気なくおこなってしまう自己処理ですが、大きな危険が潜んでいることを理解しなければなりません。
反対に、レーザー脱毛は、肌への負担が非常に少ないです。
毛の黒いメラニンだけに反応する仕組みで、根毛組織を破壊します。
皮膚やその他の組織には影響がないので、人間本来の代謝で十分に肌は綺麗になっていきます。

なぜ綺麗な肌になるのか

医療機関とエステサロンの違い

脱毛を行う機関は医療機関とエステサロンの二つに分けられます。
そこで、医療機関で行うレーザー脱毛とエステ機関で行う脱毛の違いをご紹介したいと思います。

まず一番の違いは、使用している機械です。
エステサロンでは極端に言うと誰でも使用できる機械を使って治療を進めて行きます。
反対に医療機関では、医師のみが扱うことができる機械を使用しています。
医療機関の機械は出力レベルが高いため、扱いに制限があります。

加えて効果にも違いがあります。
医療機関の機械は出力が高いとご紹介しました。そのため、効果も抜群にあります。
出力レベルが高いと言うことは、毛が生える組織をしっかりと破壊してくれるということです。
エステサロンでの脱毛も効果がありますが、医療機関と比べてしまうと物足りないかもしれません。

金額もかなりの差があります。
エステサロンは比較的に手ごろな価格でできるため、学生などの若い人が多いです。
大阪の梅田には数多くの医療機関があるので口コミなどを参考に決めるのもいいと思います。

Pagetop